読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百日告別

百日告別

f:id:buccosan:20170423142354j:plain

シアターキノに観に行ってきました。

内容が暗くて、辛かった…。

台湾語だからなのか、聞き取りもほとんどNG。とほほ。

沖縄も出てくるんだけど、そうか台湾の人にとって身近な海外なんだなーと思う。

北海道人には、沖縄≒台湾って感じするけど(笑)

シアターキノの会員になったので、これからは1000円で観られる。(こんなのあるの知らなかった)。同伴者も1000円なので、気軽に行けそう。

 

阿古屋

f:id:buccosan:20170109183637j:plainシネマ歌舞伎 阿古屋 観てきました。

舞台裏のドキュメンタリーが圧巻。いったいどれだけの人が関わって歌舞伎というものが成り立っているのか。そして、ともかく美しいです。残念だったのは自分の知識のなさで、本編の歌舞伎での義太夫が聞き取れず、筋がよく解らなかったこと。次回からは予習していこう。

十年樹木、百年樹人 馬遅伯昌著

f:id:buccosan:20170103110343j:plain十年樹木、百年樹人 馬遅伯昌著

理研究家 馬遅伯昌さん、90歳の本(現在101歳でお元気にされています)

もう、とんでもないスケールの本。当時の中国のいわゆる良家の凄さに圧倒されます。

四合院と呼ばれる住宅での、使用人も合わせて50人位での生活。当時のハルピンの国際的な雰囲気も生き生きと描写されています。家にはもちろんプロの料理人がいて、昼はロシア料理、夕食は中華料理を食べていたこと。17歳で弟達と共に日本に留学。1年後に帰国、その後結婚。そして時代は戦争の足音が…。

子供を抱え、時には夫と離れハルピンから北京、長春奉天…果ては香港まで流浪の日々を送り、1948年再来日。その後、紆余曲折があり料理研究家となるのです。

エピソードが、どれも本当に凄い。二二六事件から米国大統領まで出てくる。

上流階級ってこういうことなのね、教育ってそういうことなのね、と唸ってしまう。

そうして、それらが美しく、もちろん嫌味なく綴られています。

さらっと読めるけど、深く心に残る本。お勧めです!